株式会社アクロビジョンの田中みずほさんに聞く「肩書きを超えた」人事の仕事とは

【女性人事インタビュー】

~企業の女性人事同士が『人事』について語り合う~

株式会社アクロビジョンの田中みずほさんにお話を聞いてきました。


—「人事をやりたい」という目標を叶えられた田中さん。現職までのご経歴を簡単にお伺いできますか。
新卒で大手人材会社へ入社し、看護師に特化した人材紹介の営業職として働いていました。元々人材業界に絞って就職活動をしており、その中でも1番フィーリングの合った前社へ入社。やりがいもあったのですが、人事職に就きたいという想いと働き方を変えようという思いがあり、転職。現職に出会い現在に至ります。

—私も人事職(採用業務)にチャレンジしたくて日本メディカルに入社した経緯があるので少し親近感が湧きます。人事領域はかなり広いと思いますが、どのようなお仕事をされていらっしゃるのでしょうか。
実は一人人事です。メインは採用業務になりますが、その他にも教育や入社後フォローなど業務は多岐に渡ります。ちなみに採用以外にも助成金の対応やプライバシーマークの手続きなども行っていますので、そう考えると業務範囲は膨大ですね(笑)

—私も入社した時は一人で採用業務を行っていたので業務量の多さはよく分かります(笑)でも採用以外の業務にも携わっていらっしゃるので大変ですね。人事職を採用する予定はないのでしょうか?
今のところはありません。一番に採用したい職種はエンジニア職です。エンジニア職の次に営業職、最後に人事でしょうか…。だから当分は一人で対応していきます。

—そうなんですね。ちなみに今後のキャリアもやはり人事としてお考えなのですか。
人事の仕事は続けたいとは思っていますが、「人事」という肩書きは狭いなとも思っています。

—「人事」という肩書きは狭い。深いですね。具体的にどんなキャリアを描かれているのですか。
今、会社以外の外部団体にも所属しています。「人の可能性を広げる」ことをテーマに活動している団体です。あと、ボランティアですが、人事の経験を活かして就活生の自己分析を手伝うなど、キャリア支援の活動もしています。できることはいろいろやってみたいなと思っています。

—社会とのコミュニケーションの場が仕事以外にも存在していることがとても羨ましいです。
キャリア支援をする中で注意していることが一つあります。「アクロビジョンに勤める人事の田中」として支援をしないことです。人事職に就いていることだけで、相手は相談しづらかったり変なバイアスがかかって本来の目的が達成できなくなることも十分に考えられます。あくまで個人対個人の対話を心がけています。

—田中さんの活動に非常に興味があります。この場で聞いてしまうと私の本来の目的が達成できなくなるので是非改めてお伺いさせてください(笑)ところで、御社の男女比を教えていただけますか。
男女比は9:1ですね。8割9割はエンジニア職です。65名程度の人数規模です。

—人事職を志して転職活動をされていた時に会社の規模感は重要視されていましたか。
ベンチャー企業で勤めたいという気持ちはありました。実は、新卒で入社した会社も元々の配属は300名規模の会社だったんです。内定時に会社が合併したため、いわゆる大手企業の一員になりました。当時から「将来は人事職に就きたい」と公言していて、それも叶えられる環境だったため入社を決めた経緯があります。学生時代から大手企業に入社するつもりはなかったんです(笑)

—そんな経緯があったのですね。学生の頃から一貫してご自身の信念を貫かれているところが素敵です。田中さんの考える御社の採用のテーマは何ですか。
アクロビジョンの良いところだと思っているのが、何年後にこうなっていたいという具体的なビジョンがかたまり過ぎていないことです。ビックリされるかもしれませんが、本当の話です。採用についても全く同様で、良い方と出会えれば採用します。例えば、目標10名採用って決めていたとして、実際は6名しか採用できなかったとしても、それはそれで良いんです。逆に予定よりも多く採用することもあります。それと、新規事業を立ち上げたりメディアを立ち上げたり、色々なことにチャレンジしたいと思ってはいますが、それと同じぐらい一緒に働く仲間達に還元したいという社長の意向もあるので、今後も変に固くなりすぎずにこんな感じで進んでいくのだと思います。


—社員を大切に想うからこその採用方針、そして社長様の想いに共感しました。平均年齢もまだ若い企業だと思いますが、働く上で面白い制度や取り組みはありますか。
平均年齢は27歳前後ですね。女性が圧倒的に少ない環境ではありますが、総務メンバーが産休育休を取得して戻ってきてくれています。男性社員が育休を取得した実績もありますよ。

—男性社員の育休取得は、中々聞きませんね。そうですよね。
この会社が設立されてから初めてのことでした。「育休を取得したい」と男性社員から言われた時はビックリしましたが、当たり前のようにそうしましょうという流れで着々と話は動いていきました。休みの期間も何回か会社に顔出してくれましたが、楽しそうでしたよ!

—働き方も御社独自の取り組みがされているのではないでしょうか。
エンジニアのアウトソーシング事業を展開しているので、エンジニアは自社オフィスで働く形式ではなく、お客様先で業務を行います。そのためフレックス等の導入が難しくなるのですが、バックオフィス部門や営業メンバーは本社に出社するのでフレックスを導入しています。理由があれば在宅勤務や時短勤務も認めています。

—かなりフレキシブルですね。
実はHPには掲載していません。完全に個別対応をしています。個別対応の結果に合わせて社内ルールも作っていくフレキシブルな対応です。どんな状態であっても、本人が仕事を続けたいと思っている場合は、続けてもらうことを前提に、働き方を変えていくようにしています。

—柔軟性が素晴らしいですね。他にも他社とは違う柔軟なエピソードはありますか。
代表が柔軟な方なので特別な対応をした方がいい事象があれば、まずは取り入れてみるというのが当社の社風です。例えば、お子さんが急な発熱があった場合「子供が熱を出てしまったので今日はリモートで対応します」という連絡があって出社しないケースも、勤務としてカウントしています。もちろん仕事をしっかりと行うことは前提ですが。代表の想いを社員が理解しているからこその自由さなんだと思います。


—色々な働き方をしたいという人が増えれば増えるほど、管理するのも大変そうです。職種によって理想の働き方も異なる気がして、意見を1つに集約させられるのか心配です(笑)
まさにそうですね。本社内のメンバーには柔軟に対応ができていますが、お客様先で仕事をしているエンジニアは中々難しいんです。現場レベルの話はバックオフィスでは分からないことが多いので。だから社内で様々な委員会が立ち上がっています。バックオフィスだけではなくエンジニアも巻き込んで、働き方について考えていこうという活動です。

—今後も大きな変化が起きそうな予感がしますね。田中さんご自身では、理想の働き方はあるのでしょうか。
今現在は人事業務を一人で対応しているので多忙なのですが、ゆくゆくは変えていきたいです。特に、人事職の仕事は繁忙期と閑散期があるので、その波を利用して働き方にメリハリをつけていけたらいいなとは考えています。もちろん、二人体制にすることも有効な手段だとは思いますが、今は現実的ではないですからね(笑)働きたい時に働いて、少し時間がある時はゆとりを持って仕事に励むことができる環境を目指しています。

—仕事とプライベートのメリハリは、どのようにしてつけられているのですか。
私は敢えて職場と自宅の距離を離しています。前職もそうでした。大体1時間くらいの通勤時間があれば、気持ちの切り替えができるんです。ただ、そこまでメリハリをつけようと意識はしていないですね。家でできる仕事もたくさんあるので、移動時間を使って仕事のことを考えて自宅で少し仕事をする日もあります。

—基本的には残業は少ないのでしょうか。
全社平均月20時間程度の残業でしょうか。営業職含めて割と早く帰ります。仕事とプライベートのバランスをしっかりとれる環境だとは思います。

—社員全員がワークライフバランス重視型であればいいのですが、一定数仕事をバリバリ頑張りたいというメンバーもいる場合のバランスが難しいと感じています。
仰る通りです。新卒に関しては、「若いうちから仕事をガツガツ頑張りたい」「起業したいので社会勉強のために入社した」というメンバーも一定数います。対して中途入社組に関しては4割くらいのメンバーがワークライフバランスも重視しているので、双方のギャップを面接時に埋めておかないと仕事へのモチベーションが削がれてしまう原因になる。そこがとても難しいと私も感じています。

—そう考えると、リモートワークという制度は合理的かもしれませんね。どんな仕事の仕方を皆がしているのか丁度いいくらいに分からない環境であればこの問題は軽減できるかもしれません(笑)
そうかもしれません。やっぱり個人個人に合わせた働き方を尊重できるように、企業が柔軟に対応していく必要がありますね。

—田中さんご自身が仕事をする上で影響を受けた方はいらっしゃいますか。
その質問は女性の求職者様によく聞かれる質問です(笑)特定の個人は特にいません。ただ、かっこいいなって思えた方は前職にいましたね。女性の方なのですが「ロールモデルが見つからないなら自分がなる!だからあなたもなりなさい!」って。一番私の考え方に近いなとは今も思っています。

—そうなんですね。私も同感です。ちなみに人事という仕事に携わる中でこれは難しいなと感じることは何かありますか。
あくまで想像の話になりますが、人事領域の中でも特に採用職としての転職は難しいんじゃないかなって思うことはあります。面接で大切にしていることの根本に、その方と一緒に働きたいかどうかという気持ちがあることを考えると、大前提で自分自身がその会社のことを大好きでなければいけないじゃないですか。そう簡単に好きになれる会社に出会うこともないだろうなと思います。

—私もそう思います。採用の仕事は、その会社のことが心から好きでないと務まらない仕事だなと常日頃から感じますね。ちなみに人事制度や採用手法などについて他社様の考え方など気になりますか。
確かに事例はたくさん聞きますが、実際に導入するかと言えば別問題ですね。会社の規模も違えば採用ターゲットも各社違うと思うので自社の採用が成功するために突き進むのみだと考えています。

—女性人事として気を付けていることはありますか。
あまり女性だから男性だからという意識はしていないです。面談や面接時に聞かれることも多いですが、性別は一切気にせずに信頼を積み重ねていくだけだと思います。

—私は今の会社が性別を関係なしにフラットに接してくれる環境なので嬉しいですね。「女性の活躍」というキーワードが目立っていますが、田中さんのお考えの通り、性別は関係ないのかもしれません。田中さんの今後のビジョンについて教えてください。
私は何歳になっても仕事を続けていると思いますが、お金を稼ぐために仕事をしている感覚ではないと思います。冒頭に触れた通り、どちらかというと一個人としてキャリア支援をしていきたいという気持ちが強いので、そういった活動はずっと続けていくつもりです。誰かの役に立ちたいというテーマがあって、最初に就職する先に選んだのが人材業界だったという経緯もありますし、だから人事職に就きたかったというストーリーがあります。大枠としては決してブレることなく、自分より若い世代が、より自由に働けるためには?そもそも働くという以前にどう生きていきたいの?と問える人間でありたいと考えています。

—とっても深いお話を聞かせていただきました。面接の場でも「ベンチャー=成長できる環境だから」「〇〇業界は伸びしろがあるから」という話をしてくれる応募者が多くいますが、そもそも突き詰めると何故働くのか?という壮大なテーマになりますよね。
仰る通りです。私はその志望動機は建前でしかないと捉えています。自己成長するのに環境も大事だとは思いますが、その環境がないと成長できないのかという疑問は残ります。自己成長するために必要なことをアドバイスできるような人でありたいので、まずは自分自身が日々成長していなくてはと強く思いますね。そうやって積み重ねていくことで、出会った方に良い意味で影響を与えられるのだと信じています。

—最後に、田中さんにとって人事とは?仕事とは?難しい質問です。
究極、人に関わる全てのことに携わる仕事だと思うので、全部が人事の仕事なんだろうなと考えています。地味な仕事も多いですが、どれも切り離せない大切な仕事です。そして、仕事とは、突き詰めると「どう生きていきたいのか」に直結すると思っています。こんな人生を歩みたいから、これがしたい、これが必要だと逆算して考えていくことで仕事への取り組み方や考え方、そもそもの選び方が変わってくるのではないでしょうか。だから人生の一部ですね。

* * *



【安達のコメント】 

笑顔がキュートで愛くるしい田中さん。ブレない意志を持ち、自身の持つ夢や目標に果敢にチャレンジし続けている女性です。会社とは別のコミュニティを持ち、仕事もプライベートも充実させている姿に同じ女性として刺激を受けました。また、『人事という肩書きに収まりたくない』という話に強く共感。どんな人生にしたいのかという究極突き詰めたら答えが出ない壮大なテーマにも真正面から向き合っている田中さんから学ぶことはとても多く、心から応援していきたいと思えました。

Facebook
Twitter