社会人1年目の挑戦 ~ 輝く社会を創るために、私達が輝く ~

【期待の企業レポート】若者世代の描く未来について語り合う座談会

今回は、社会人1年目にして新プロジェクトの立ち上げに挑戦している

株式会社シンミドウの岩井萌子さん、服部純大さんと座談会形式でお話をお伺いしました。


安達:新卒1年目のお二人に、本プロジェクトのご協力をいただけるなんて光栄です!フレッシュなご意見をたくさん聞かせてください。早速ですが、お二人が株式会社シンミドウに入社した1番の理由をお伺いしたいです。

岩井:こちらこそよろしくお願いいたします。私がシンミドウに入社を決めた1番の理由は、代表の笹田との出会いです。学生時代の私は、勉強か趣味の古典、バイトでほとんどの時間を使っていました。一言で表すと、何も考えずに学生生活を送っていたってことですね(笑)だから、就職活動時によく聞かれた質問で「学生時代に頑張ったことは何ですか?」なんて質問には到底答えられませんでした。でも笹田との面接で「今までのことよりも、これから何をやっていきたいかの方が大事。だから一緒にやっていこう」って言っていただき、この会社でやってみよう!と思えました。

服部:僕は岩井とは違う理由で入社を決めました。正直、入社後の研修が長かったら嫌だなって思っていたこともあり(笑)とにかく早く仕事を任せてもらえる環境、そして早く自身を成長させたいという気持ちが強かったですね。色々なことにチャレンジ出来る環境、且つ優秀な人に囲まれて働くことが成長に繋がるのではないかと考えていました。そういう意味で、シンミドウは僕にとって理想のスタイルの会社でした。

安達:お二人とも入社の動機が異なるのが面白いですね(笑)岩井さんのお話を聞いていて思ったのは、御社と弊社の採用スタイルが少し似ているかなって。実は弊社も、過去よりも未来を重視しています。笹田社長の仰っていることに深く共感出来るので、尚更、お二人は素晴らしい会社を選択したなって思います!ちなみにお二人はどのようなビジネスパーソンになりたいと思いますか?

服部:僕は広い意味でのコンサルタントを目指しています。芸術大学出身だったので、自分で作品を制作し展示することはもちろん、グループで制作することもあり、展示会の企画や運営にも携わりました。展示会では、経営者の方とも関わる機会が多くあったので、その交流の中で誰かのサポートや専門的な助言をしっかり出来るコンサルタントという仕事に興味を持ちました。

岩井:今は目の前の仕事に集中している状況なので、目指しているビジネスパーソン像を考える余裕がありません。でも、今後やってみたいことは出来ました!シンミドウの人事部を作りたいという目標です。現在、社員が14名と少数精鋭の会社なので管理部門がありません。経営者もパートスタッフの方も一丸となってバックオフィス業務に取り組んでいるのが現状です。上場を目指して徐々に会社を大きくする予定なので、その時には自分が中心となって会社のことを見守ってあげられるような存在でいたいと思うようになりました。

安達:立派ですね!服部さんはまさかの芸術大学出身とは(笑)コンサルタントになる第一歩としてどんなことに取り組まれているのか、ぜひお伺いしたいですね。岩井さんのお話を聞いていて嬉しかったのは、大前提がシンミドウでずっと働き続けるという意志があること。私の自社(日本メディカル株式会社)に対する熱量と同じ感じがして素敵だなって思いました。

岩井:ありがとうございます。でも、まだ何も分からない状態なので人事入門の本を読んだりして勉強しています!

安達:人事という括りでも労務や採用と色々あるので適正を見て勉強していってくださいね!採用面であれば私も力になれますよ~!さて、次はお二人の描いているキャリアについてお伺いしたいです。

岩井:私は『Future&Stage』という学生向けの就活情報誌のプロジェクトを立ち上げ、運営しています。まずはこのプロジェクトを軌道にのせるためにも一歩一歩進めていきたいと考えています。管理職にはあまり興味がありません。

服部:僕は3年くらいしたら会社を辞めて、友人と一緒に制作現場に戻ろうかなって考えていました(笑)一緒に創作活動に取り組んできたメンバーには、集客力に長けている人や手を動かす能力に長けた人など各々が強みを持っている。僕が出来ることはコンサルタントのように皆が苦手とするところをサポートすることかなって思っていたので、就職先で学んでメンバーとの創作活動に活かそうと(笑)でも今の考えは違います。シンミドウに入社して、本当に良かった、楽しい!と心から感じています。これからも会社に貢献していける自分であり続けたいなと考えていますよ!だから創作活動は土日にやろうかな(笑)

安達:服部さんのお話の中で、『3年』というキーワードが出ましたね。『とりあえず3年頑張ってみる』っていう言葉、私が学生の頃からよく聞きました。その3年で果たして何に気付くことが出来るのか、ぜひ考えてもらいたいですね。時間は戻ってきませんから!でも、服部さんの3年で会社を辞める構想はなくなったみたいなので一安心です(笑)ちなみに、シンミドウの選考を受けようと思ったきっかけって何がありますか?

服部:実はシンミドウに入社したのも、説明会に参加して面白そうだなって感じたからで、給与や福利厚生は最終選考まで一切見ていません(笑)

安達:だから、3年で会社を辞める構想がなくなったのかもしれませんよ!条件ありきで会社選びをしていたら、この構想はあったかも(笑)会社を選ぶ上で、直感って大事ですからね。ちなみに、会社全体の男女比はどれくらいでしょうか?

岩井:パートスタッフを含めると女性比率の方が圧倒的に多いのですが、正社員のみで考えると女性は4割です。

安達:御社のHPを拝見すると、ウーマノミクスプロジェクトも然り、働く女性の活躍を応援するという企業としての意思を大々的にアピールされていますよね。女性の活躍を積極的に推進されている理由を教えてください。

服部:ウーマノミクスプロジェクトだけでなく、働き方に関する様々な認定を取得しているのは僕の仕事の1つです。推進している理由としては、女性を採用したいからではなく、男女関係なく有能で且つ当社の理念に共感してくれる方であれば、どんどん採用していこうっていう想いからですね。ちなみに安達さんは、コンサルタント=男性のイメージですか?女性のイメージですか?

安達:コンサルタント=男性というイメージは世間的には強いのかなって思いますが、私自身は業界や商材によって異なると考えています。例えば、ファミリー向けに何か提案をする場合、決定権を持つ多くが女性だと言われています。その女性を口説かなければならないことを考えると、感情的共感ができる女性同士や女性の気持ちを理解できる男性が向いているのではないでしょうか。

服部:そうですよね。ですが、コンサル的要素を含む事象の対応を求める場合には、男性にその役割が回ってくることが多いという一定層の意見もあります。

安達:服部さんの考えももちろんあると思います。でも何より1番大切なことは共感することではないでしょうか。『経営者をコンサルする』という言葉を聞くと、コンサルタントの立ち位置は経営者よりも若干上のイメージを持たれる方も多いかもしれません。でも本当に大事なことは、伴走者として同じ目線に立って一緒に課題を解決していきましょうという共感。その信頼関係を築くことがファーストステップだと思います。至極シンプルなはず。

岩井:まさに弊社代表の笹田と同じスタンスですね。そもそもコンサルタントとは言わない。お客様との課題解決、お客様とチームであって、コンサルタントは先生ではないとよく言っています。

安達:岩井さん自身は、ウーマノミクスプロジェクトや女性の活躍推進というテーマに対して何かお考えはありますか?

岩井:私は男性だから、女性だからという観点であまり考えたことがありません。弊社の考えとしても、男女で何か区別されることもないので意識することはありません。安達さんは女性の活躍に力を入れたいという気持ちが強いと思いますが、それは何故ですか?

安達:私の場合は、今まで経験した企業の中で女性が不利になるケースが多いのを目の当たりにしてきたからですね。男女で任される仕事の違いや、キャリアアップの差など、まだまだ女性が輝ける時代ではなかった。でも今、こうして女性の活躍を促進するような流れが世の中で生まれたことは非常に嬉しいことです。私が出来ることは微々たるものかもしれませんが、やれることは何でもチャレンジしてみよう。その一環で本プロジェクトも運営しています。何かを発信するために、まずは自分がリーダーとなって引っ張っていきたい。そんな出世欲の塊の私とは真反対に、岩井さんは管理職には興味ないと話してくれましたね(笑)

岩井:まさに出世欲がありません。今後、管理職を目指そうと思えるタイミングが来るかもしれませんが今はありませんね。でもこんな女性になれたらいいなという女性には出会いました。男性ばかりの技術系企業にお勤めの方で、福利厚生もしっかり整っている環境なのですが、やはり技術職ということもあり仕事は大変らしいです。3人の子育てをしながらのハードワークなので、子供に愚痴ることもあるそう。でも、「ママの仕事している姿好きだから、仕事辞めないで」って励まされるそうです。子供からそんな風に思ってもらえるお母さんって凄いなぁって感激しました。私もこんな女性になりたいなって思えました。

安達:その女性に会いたい!素晴らしいですね。プライベートよりも仕事重視の私には見習うところが多いような気がします(笑)話は戻って、国全体として女性の活躍を後押ししていることについては、どのような意見をお持ちでしょうか?

服部:一働き手からすると、良い取り組みだとは思います。ですが、女性の活躍を推進するだけではなく、今まで働くことが叶わなかった人達も含めて、雇用の創出をすることが大切なのではないかと考えています。

岩井:私は、女性の選択肢が増えることが素晴らしいことだなと捉えています。今までは結婚か仕事か、取捨選択しなければならない時代でしたが、今は両方選択できるようになりました。色々な選択を出来ることが、女性の生きやすさに繋がるのではないでしょうか。

服部:弊社にもパートスタッフの方が大勢います。そのほとんどが子育てしている人。だから自分のシフトは自分で決めてもらっています。子供と過ごす時間を大切にしてほしいと考えているのが笹田です。

岩井:服部の話の通りで、10時出社13時半退社のパートスタッフの方がいたり、その辺りは自由ですね。笹田自身もイクメンなので、育児と仕事の両立については大変さを理解しているからこその自由さなのだと思います。社員は働きやすいですよ。

安達:御社は『働き方の多様性』に積極的に取り組まれているイメージを持ちました。女性の活躍を推進というテーマよりも、社員1人1人の理想の働き方に柔軟に対応しようという姿勢が伺えます。そういう企業があることを、もっと発信していきたいです。

服部:その仕事を担っているのが、実は僕です(笑)ウーマノミクスプロジェクトを始めとした様々な許認可、取組取得をするのが仕事の1つ。参加することで企業ブランディングにも繋がりますし、会社としてもより責任感が増しますからね。

安達:ちょっと待ってくださいね。服部さんの仕事は1つではなさそうですね(笑)本当の仕事は何ですか?

服部:本当の仕事と聞かれれば、新規プロジェクトの立ち上げになります。今回のケースで例えると、『認証支援』という新プロジェクトの一環で、自社の認証を取得しています。当社は積極的に数々の許認可を取得していますが、当社と同じくらい素晴らしい取り組みをされている企業は他にもたくさんあるはず。でも残念ながら発信できている企業は決して多くはありません。だから自社で支援していこうと動き出しました。

岩井:服部は気になることがあれば、とことん追究します。学んだことについては、専門家レベルで答えることが出来るほどです。そのゴールに向けてどれくらいの期間を要するかまで即答できるのは、コンサルタントとしての素質があるんだなぁと感心します。

安達:新卒で立ち上げを任せてもらえるなんて、圧倒的成長が実現できる企業ですね!最後に、これからの未来を担う若者代表として、お二人からコメントをどうぞ!

岩井:これからの時代は、男性女性関係なく、輝ける時代だと思います。私は良い時代に生まれ、環境の良い会社で仕事が出来ることに感謝ですね。働いている人へのメッセージは、自分のやりたいことを思いっきり出来る会社に勤め、プライベートも仕事も両立できるような人生を送ってほしいです。私自身、シンミドウをもっといい会社に出来るように、まずは目の前のことにチャレンジしていきたいと思います!

服部:時の流れに身を任せて今があるような僕ですが、それでも毎日楽しく笑顔で仕事に取り組んでいます。入社年次関係なく、仕事を任せてもらえる環境だからこそ僕はイキイキしています。若者にしか出来ないことに1つずつ取り組み、僕なりの貢献の仕方で今後も活躍していきたいと思います。あまり考えずに、思い立ったら即行動の精神で動いてみることも大事ですよ!

(後ろに盾がたくさん飾ってあります!株式会社シンミドウ様が取得した実績の賜物です!)

* * *



【安達のコメント】

就活情報誌の取材を受けたのがきっかけでご縁が出来たシンミドウ様。岩井さんも服部さんも、お会いした瞬間から最後の最後まで陽気で笑顔溢れたフレッシュなお二人でした。全く志向の違う二人ですが、空気に流されることなくお互いの意見をしっかり話してくれる力強さに感銘を受けました。それぞれが自分をしっかり持っている。私の新卒1年目の年齢の時はどうだったろうか…少し振り返るきっかけをくれました。若者世代が、これからの未来を創ります。私も彼らと一緒に想いを1つにして、未来を創る第一歩の動きを始めたいですね。

Facebook
Twitter