社内でたった一人の女性管理職 ー その使命と目標とは ー

【女性の活躍推進】をテーマに企業の美人事同士が語り合う“美人事×美人事”

第2回目は、

株式会社CIN GROUPの木下麻里さんにお話を聞いてきました。


18歳でビジネスの道へ。社会を通して、自分自身の価値を高める決意。

— 元アパレルトップセールスのご経歴を拝見し、お会いできることを楽しみにしていました!
若い世代向けのブランドでショップ店員も経験しましたが、メインの仕事は管理部門での店舗運営や営業職、生産にも携わりましたね。実は、私の職務経歴を簡単にお話すると、アパレルだけの経験ではありません。18歳からビジネスの道に進みましたが、私の社会人デビューの業界は金融になります。

— 18歳でビジネスの道に進まれた理由をお聞きしてもいいでしょうか?
早く世に出て仕事がしたかったから、それが理由です。同世代の子よりも圧倒的に差をつけたいという強い気持ちと、自分の力で稼ぎたいという想いですね。今でこそ、大学に進学するのも選択肢の1つだったなと考えることはありますが、当時は大学に進学することのイメージが湧かなかったのが正直なところです。10代後半から20代にかけての貴重な時間を社会人としての勉強に費やしたい。その結果、大学には進学せずに、金融業界へ就職しました。

— 多くの選択肢がある中で、金融業界に飛び込んだのはなぜでしょうか?
社会人として学べることが多い業界に進もうと思ったことと、シンプルにお金を稼ぐことに興味もありましたし、お金の流れを知るチャンスだとも思いました。ちなみに、当時の職務は、事務職に分類されると思います。営業のサポート業務やデューデリジェンスサポートも経験しましたね。

— ガッツリ営業職かと思いました(笑)木下さんの職歴を振り返ると、金融、アパレル、人材と業界に一貫性はありませんね。仕事内容も違うと思います。転職の軸はあったのでしょうか?
仕事内容で会社を選んだことはありません。どの環境でも溶け込める自信もありましたし、どんな仕事でもこなせる自信がありました。軸としては、その会社でいかに多くの経験を積めるのかは重視していましたね。

— 貴社に入社された当初は、現職ではなかったのでしょうか?
違います。当時の私は、ワークライフバランスを重視していたこともあり、オンオフのメリハリがつけられる営業事務で入社しました。その後、自ら管理部門への異動を申し出たのが、現在の人事のポジションに就いた経緯です。管理部門のほとんどの業務を経験し、各部署とのコミュニケーションも頻繁に取り合っていたので、社員がどんな働き方をしているのか、どんな職務があるのかを自然と理解していました。人事として必要な要素を、このポジションに就くまでに自然と得られていたことは、人事のプロへの近道が出来たようで振り返るとラッキーでしたね。


地道なコミュニケーションこそ、道を拓くチャンス。

— そして現在は、人事総務部部長の木下さん。昨年まではグループ会社の採用も束ねられていたと聞いていますが、大変なことはありませんでしたか?私自身、グループ全体の採用活動を統括する最高人事責任者を目指しているので、大先輩としてお話をお伺いしたいです。
やはりコミュニケーションは大事だと思います。最近はメンバーに任せて、全体像を把握している私自身はサポートする立場に徹していますが、それこそ、最初は地道なコミュニケーションの連続でしたね。

— 事業部ごと、会社ごとで求めるタイプや採用ターゲットが異なるはずなので、その全てを理解することは難しいと思います。地道なコミュニケーションというと、どんな方法で取られていたのですか?
色々な場所に顔を出して話を聞いてまわっていました。各部門の責任者に自ら声をかけ、話を聞く。飲みニケーションも活発に行っていました。自分の時間を割いてでも、話を聞く時間を優先的に確保し行動していたのが最初ですね。時間は膨大に費やしますが、とても大切な行動だったと思います。

— 確かに地道ですね。採用のミスマッチングは絶対に起こしてはならないというプロ意識があったからこその行動力だったとお話を聞いていて思いました。
CINは2015年に統合しているため、複数の会社が1つにまとまったこのタイミングは大変でした。ビジネスにおける考え方や人材の育成の仕方まで、全部が全部違う。ということは、採用のミスも出てきやすい。だからこそ、原点回帰ですね。固定概念を持たずに各部門の責任者とのコミュニケーションを密にとることは採用の成功につながる絶対条件でした。

— どのような項目について目線を合わせるのでしょうか?
仕事の考え方、教育方針、採用基準、会社の理念、各事業部のミッションなど、多岐にわたります。細かいことかもしれませんが、こうした情報の目線を合わせることが、会社にとっても、新入社員にとってもWin-Winの関係になれる大事な要素だと思います。神経も使いますし、何より地道ですよ(笑)

— 仰る通りだと思います。どの仕事にも通じると思いますが、何かを達成するためには、コツコツと努力を継続しなければならないですしね。ちなみに、木下さんは採用業務だけではなく、入社後の研修や教育にも携わっていらっしゃるのでしょうか?
結論から言うと、教育体制はしっかりとレールが敷かれていません。各部署の教育方針も尊重したいと考えているので、ベースとなる基本のみインストールして、現場に配属することを意識しています。でもやっぱり気にはなるので仕事中に様子を見に行ったり、心配なことがあったら事業長に報告するなどサポートは全力でしていますね。気を付けていることは、自分本位に行動や口出しをしないこと。事業長がその部署の責任者であり、全ての決済ラインやレポートラインがあるので、絶対に崩さないようにしています。

— 木下さんは姉御肌!社内にも木下さんを頼りにしている人が多くいると思います。個人的には、面談してもらえたら嬉しいかも(笑)
新卒に関しては面談を実施しています。仕事柄、社内パイプも太いのと(笑)社員の色々な情報を聞くことができてしまうので、情報の取り扱いにも細心の注意を払っています。絶対に言ってほしくないことは、もちろん誰にも言いません。話してくれた内容の中で察したヘルプ信号は、本人に相談の上、上司に報告して然るべき対応を実行できるような関係は常に築いています。


社内でたった一人の女性管理職 ー その使命と目標とは ー

— 木下さんのような女性管理職の方は他にもいらっしゃいますか?
リーダーは数名いますが、管理職としては私しかいません。

— 私も同じです。現在、女性管理職は私一人だけです。だからこそ、もっと女性管理職を輩出したいという強い気持ちは誰よりも持っていますが中々難しいのを実感しています。木下さんはどうですか?
女性で管理職を目指したいという人は中々少ないと思います。女性を積極的に活用しよう、管理職として登用しようと言われている割には、志望度が低いような気がしています。きっと、こうなりたいというロールモデルが身近にいないからでしょうね。だから私がロールモデルになろうと意識して過ごしています。仕事の生産性をあげて、プライベートも充実した楽しい毎日を過ごしている姿を積極的にアピールしたいです。

— よく面接で産休育休の取得実績を聞かれることが多いのですが、木下さんも聞かれますか?ワークライフバランスが重要視されている現代だからこそ、この質問が増えてきた気がしています。
よく聞かれますね。実際に数名取得し、復職している実績があるのでお伝えしています。CINの社員の平均年齢は、約30歳と比較的若いメンバーで構成されている会社なので、これからもっと増えるのではないかと期待しています!

— 今後、木下さん自身のやってみたいことや目標があれば教えてください。
やはり女性目線で色々な取り組みをしたいなという気持ちは強いですね。私自身が今後のキャリアをずっとCINで築いていきたいと思っているので、女性の働きやすさもそうですし、女性だけではなく会社全体での働きやすさを創り上げていきたいと考えています。少しずつですが既に動きはあって、営業部の女性が産休育休から復職した際にも内勤営業への異動や教育する側のポジションへの配置など、事業部長自らが率先して柔軟に対応しているので、会社全体で考えても非常に前向きですね。

— 素晴らしいですね!貴社ならではの福利厚生などはありますか?
ビューティー支援はCINならではかもしれません。ネイルサロンとまつ毛エクステをお値打ち価格で施術してもらえるのは女性としては嬉しいですね。私も通っています(笑)あとは、『オフィスGoo-it』というリラクゼーションサービスを導入しているので、月2回オフィスのリフレッシュスぺースにて実施しています。さらに、自己啓発書を購入したら月1冊は会社で負担をするという制度もあります。

— 面白いですね!ビューティー支援は素直に羨ましい(笑)働くママやパパもいらっしゃると思いますが、育児支援という点では何かお取り組みはありますか?
子供が小さい時って、突発的な用事が発生しますよね。そういう場合も、条件はありますが、すぐに行動出来るように効率よく有給を使うことができる制度はあります。また男性も奥様の出産のタイミングで休暇を2日間取得することが可能です。託児所の導入もいいかもしれませんが、子供と一緒の通勤は大変だと思いますし、現実的に考えて恩恵を受ける人受けない人の差が大きくなりそうな気がします。そういう意味では、託児所よりも育児支援の方が求められているかなと考えています。男性も女性も平等に、だからCINは女性に特化した制度をあまり作っていないのかもしれません。

— 例えば、女性のみの会社を立ち上げたとして、導入したい仕組みはありますか?
実は、女性のみで構成される会社を立ち上げようと思ったこともあります。女性には女性ならではのライフイベントがあるので、会社として柔軟に適応できる環境を作りたいと思っていました。でも難しいのは、バリバリ働きたい人とワークライフバランス重視の人、それぞれがお互いを理解することではないでしょうか。そもそもの価値観が違うので、共有することは大変でしょう。あとは働く時間の改革でしょうか。その日の業務が終わっているのであれば早い時間帯に帰っていいと思っていて、逆に、終わっていないのであれば終わるまで仕事するべきだとも思っています。成果を出す前提で、社員それぞれがタイムマネジメントを行いプライベートも充実してもらえるような会社が理想的ですね。業務の生産性をあげるためにも、無駄をなくす意識改革は私の中で既に始まっています!

* * *



【安達のコメント】

クールで熱く、そして、知的な木下さん。女性目線で言えば、この人についていきたい!こんな女性になりたい!という目指すべき指標としての存在。男性目線で言えば、信頼できる、頼りになる、もっと自分も頑張らねば!と良い影響を及ぼしてくれそうな、そんな女性です。同年代の女性人事として共感する部分も多く、とにかく刺激的な時間を過ごさせていただきました。私の目標であるグループ全体の採用にも携われていたご経験をお伺いし、勉強になることばかり。人事として、もっともっと努力しようと心に決めた対談でした。木下さんのような女性リーダーが増えていくことを期待して、今後も色々な場面で木下さんとお仕事させていただきたいと強く願います!!

Facebook
Twitter