【後編】女性の働きやすい環境作りや制度。そのキーワードは【共存】と【多様性】

【女性の活躍推進】をテーマに企業の美人事同士が語り合う“美人事 × 美人事”

前回に引き続き、女性のキャリアに特化した人材ビジネスを展開している

株式会社LiBの人事 荒川千華さんにお話を聞いてきました。【後編】


女性の働きやすい環境作りや制度。そのキーワードは【共存】と【多様性】

— 貴社のビジネスもそうですが、日本全体で『女性の活躍を推進しよう』という動きが活発化しています。多くの企業で、女性が働きやすいような制度を導入していたり、女性の管理職の登用を増やそうという動きがありますね。荒川さんの考える『働きやすさ』とは何でしょうか?
企業として働きやすさを考えるには、絶対的に多様なものの【共存】が大切だと考えます。LiBにも、時短勤務のママさん社員やイクメンのパパも多く在籍していますし、私以外にもハイブリッドワークを選択している社員がいます。でも逆に1日24 時間を自分の為に自由に使えて、今は自身の成長のためにバリバリ働きたいっていう人もいるじゃないですか。それを否定するのもおかしな話です。特別な制度だけ作って、時間の制限がある人に優しいですよとアピールするのは本質的じゃない、むしろ、本末転倒になってしまうと私は考えています。会社全体のスタンダードな業務フローや慣習が、フルタイムや出勤を前提に作られているようでは、共存も難しいのかなと思います。

— 制度を作っただけでは解決しないということですが、企業としてはどのような理解が必要になるでしょうか?
そもそも、多様なものが一律の仕組みのなかで共存していくことは難題。だからこそ【多様性】という言葉があると思っています。企業に限らず、どのコミュニティでも多様性を尊重する上では、まずは「価値観」を共有することが大切だと思います。組織と個人が持つそれぞれの目的や価値観を重なり合わせ、何が正義で何が悪みたいなところがしっかり意思疎通されていることで多様性を受け入れられるコミュニティができると考えています。
1人の社員が入社してからも、働き方って一定ではないですよね。子供が小さい時は時短勤務が必要かもしれないし、子供がある程度成長したら仕事のボリュームアップしようとか、自分や家族が突然体調不良に見舞われ、仕事のボリュームダウンをしなければならないとか。価値観の共有、それが出来たとき、多様性のある働き方・タレント・視点の共存が実現し、そのコミュニティは強いものになるのではないでしょうか。
LiBでは、事業・仕事・仲間に対して心がけたい価値観を言語化しています。そのなかに「責任が生む自由、個性がもたらす多様性」「共に人生を叶えよう」という言葉もあります。


今の時代に合った制度が大切。今と昔ではバリキャリのレベルは雲泥の差。

— そもそも、女性が働くことついて荒川さんはどうお考えでしょうか?
大前提として、2025 年問題、少子高齢化の流れのなかで、日本の国際的な競争力や企業の成長力において女性の労働力を活用していかないと国力の低下は避けられない。そういう意味では、女性のために何か制度を!というよりも、日本社会にとって女性が働くことは必要なことだと考えています。ただ、今と昔のバリキャリのレベルは正直、圧倒的に差があると思っています。

— バリキャリのレベルの差ですか。具体的に教えてください。
今の50~60 代の女性を例として挙げると、偏差値の高い高校に進学しても、その後のキャリアのスタンダードは、短大へ進学して一般事務に就職して、寿退社で、専業主婦、というのが一般的かな、と思います。男女雇用機会均等法の施行もありますが、その世代の女性については男性と同等にバリバリ働いていること自体、相当凄いことだということを知ってもらいたいですね。
今の時代だと、当たり前のように高校を卒業してから四年制大学に進学して、総合職にも男女半々くらいで就職、結婚のタイミングも遅くなっています。例えば、キャリア10年・31歳で子供ができたので産休に入ります、といったライフイベントの瞬間までは男性と対等かそれ以上のキャリアということも往々にしてあるのに、いきなりそこでキャリアが分断されてしまう現実を多く見かけます。個々のライフスタイルやキャリアメイクに対する考え方は様々で良いと思いますが、女性もしっかりと教育を受けて優秀な人が多いのに、”諦めている”としたら、素直にもったいないなって思います。

— 大変興味深いですね。ほかにもありますか?
50~60 代のバリキャリ女性と、今の20~30 代のバリキャリ女性を比べると、乗り越えてきた逆境の差は非常に大きいと思っています。「社会の仕組み・価値観」「法律」「職場環境」「IT/クラウド化」などの外部環境が異なるので、今の時代と今の働く女性の温度感に最適化した制度やロールモデルを、過去の事例にとらわれずに創っていかなければ、職場の女性比率や女性管理職は増えにくいのではと思います。昔の環境に適用されている制度や、その価値観が未だに企業に蔓延しているところは辛いですよね。このままでは、これ以上女性の管理職は増えないと思います。圧倒的に昔と今とでは違うということを知った上で、女性個人も社会や企業も、変わらなければならない。そのうえで、制度やロールモデルを積み上げていくことが重要だと思っています。

— 最後に、働き方を大きく変えることが出来る場合、何を取り入れたいですか?
満員電車と就業時間という概念をなくしたいです!満員電車は乗って会社に来るだけで疲弊すると心の底から思います(笑)就業時間の概念がなくなれば満員電車はある程度解消されるはず。そもそも、勤務時間とか勤怠管理自体がナンセンスだと思っています。それこそフリーランスの経験をした私だから感じるのかもしれませんが、1ヶ月ほとんど働かないときも、半月全く休まずに深夜まで馬車馬のように働くときもありました。その案件のゴールに照準を合わせて、成果が出ていれば、どんなタイミング・ペースで働いてもいいのでは?と思っています。
今の時代、IT/クラウド化も進んでいるなかで【会社にいる時間の長さ=その人の仕事に対するモチベーション=成果】といった方程式が成り立たないと思っていて。もっと言えば、フルタイムが週5の8時間となぜ決まっているのかもよく分かりません。仕事とプライベートを分けたほうがいいという人もいると思いますし、分けなくてもいいという人もいるはず。多様性の受け入れられる社会、多様性の共存が実現する未来に変化していく今、「企業で働く」ことの最前線に関わっていられることに、とてもワクワクしています。

* * *



 【安達からのコメント】

荒川さんは私よりも年下ですが、私の知っている年下世代とは比べることが出来ない程『よく考え、学び、行動』に移している凄い女性です。いわゆる、バリキャリという言葉が適切だと思います。何のために仕事をしているのか、自分には何が出来るのか、しっかりとした目的や目標があるからこそ仕事にかける本気の情熱が、彼女から伝わってきました。そんな荒川さんに刺激を受け、こうしてコメントを書いていてもインタビュー当日のワクワクした気持ちが忘れられません。彼女のドライブ力は計り知れない。私は私なりに荒川さんの可能性を全力で支え、これからの未来を担っていく若者を支援したいと思いました。

Facebook
Twitter